在宅訪問診療

設備の整った病院での療養のほうが安心。家族には迷惑をかけたくない。やっぱり自宅では不安。

このような理由から多くの患者さんや家族のかたは入院での医療や施設での介護を選択されます。しかしその一方で住み慣れたご自宅での療養、介護を望んでいるかたも多くいらっしゃいます。
当クリニックでは訪問看護ステーションや介護施設、近隣の病院と連携をとりながら自宅での療養を希望される患者さんや家族のかたが安心して自分らしい生活を送れるように、定期的な訪問診療を行い医療的なサポートをさせていただいております。

また、患者さんやご家族のご希望を伺いながらご希望に添えるよう、寝たきりの患者さんの対応や、ご自宅での看取りまで安心していただけるように24時間体制でサポートさせていただきます。

もちろん入院を希望された場合は適切な病院・施設を紹介させていただきます。

私たちは少しでも患者さんとご家族の生活が豊かなものとなるよう、サポートができればと思っております。

  • 継続した治療が必要だけれども通院することが困難な状況のかた。
  • 入院での療養が必要と言われたけれど住み慣れたご自宅での療養を希望している。
  • 最期は少しでも多くの時間を家族で過ごすことを希望している。

この様にお考えの患者さんやご家族のかたは、お気軽にお相談ください。

訪問診療の内容

在宅訪問診療では次のような対応が可能です

  • 医師による診察、血液検査、尿検査、便検査
  • 心電図、経皮的動脈血酸素飽和度測定器
  • 静脈注射、点滴、高カロリー輸液
  • 経管栄養、胃瘻管理、尿道カテーテル管理
  • 在宅酸素、褥創処置、癌性疼痛などのコントロール

訪問診療の流れ

  1.  

    まずはお電話にてご相談下さい

    直接、ご家族の方が来院されても結構です。

  2.  

    患者さん、
    またはご家族の方と面談します

    医師が状態をお聞きし、
    本人やご家族の希望をお伺いします。

  3. 医師がご自宅を訪問します

    実際の状態を見て、在宅診療が可能か、
    または、その診療計画に対して同意していただけるか、
    確認します。

  4. 定期的な訪問診療の開始

    同意書を頂いた後より、開始となります。

在宅医療にかかる費用について

[ 医療保険による支払いが可能な費用(上限額が決まっている)の項目 ]

  1. 定期的に訪問した場合の診療費(訪問診療)
  2. 患者からの求めに応じ訪問した場合の診療費(往診)
  3. 看護師が訪問した場合の費用(訪問看護)
  4. お薬代や検査にかかる費用その他特別な医療にかかる費用

[ 必要に応じて支払わないといけない費用の項目 ]

  1. 包帯・ガーゼなどの材料費や訪問にかかる交通費
  2. 介護保険サービスの費用

費用については、大きく6種類に分かれます。
1~4に関しては、支払額の上限が、医療保険の種類や所得、各種公費負担制度により定められています。

たとえば、70歳(薬あり、1割負担) 医師の訪問が月4回(週1回)の場合

在宅時医学総合管理料 4200点
訪問診療料 3332点 (833点×4回)
7532点

このほか、症状により、検査料、注射代、処置料などがかかります。
支払額は、毎月7,530円~12,000円(上限)となります。

5,6については、必要に応じて支払うことになります。

  • ※院外処方となりますので、薬代は別途、近隣の薬局で支払います。薬局からの配達も可能です。
    直接、薬局にご相談ください。
  • ※費用は、翌月の訪問日にお支払いいただきます。

要介護認定を受けられている方の場合は介護保険も適用されています。